ご相談はこちら

安心のインプラント
秋葉原/汐留/浜松町/新日本橋、横浜(元町中華街)/辻堂/平塚の日坂会

ご相談はこちらから
東京汐留歯科クリニック03-3573-4618 秋葉原UDX歯科クリニック03-3252-6480 東京浜松町歯科クリニック03-5472-6480 新日本橋駅前歯科クリニック03-3270-6480 日坂歯科クリニック0463-22-6480 元町中華街歯科クリニック045-663-6480 テラスモール歯科クリニック0466-90-4618

インプラント難症例

部位による注意点

インプラントをする部位によって
それぞれ注意しなければならない場所があります。

1.上顎の奥歯

上顎の奥には上顎洞(サイナス)があります。

上顎洞は骨が無く空洞になっている場所で、鼻と交通しています。
蓄膿症の方はここに膿がたまってしまいます。
上顎洞までの骨の厚みが無い所に無理やり
インプラントを埋めると上顎洞内に突き抜けてしまいます。
初めは普通に噛めますが、使っていくうちにインプラントが
上顎洞内に落っこちてしまう可能性があります。
骨が薄い状態では安全にインプラントを埋め込むことはできません。
骨の状態により必要ならばサイナスリフトやソケットリフトという処置を行います

骨が薄くインプラントが難しい方

インプラントをする部位によって
それぞれ注意しなければならない場所があります。

骨の再生治療(GBR法)

何らかの原因で歯を抜かなければならなくなった場合、抜いた直後は歯があった部分に骨がありません。このままではインプラント治療を行うことは出来ません。
また骨がない所にインプラントを行うと治療期間は骨を作らない分早く終わりますが、歯茎がその部分だけへこんでいるため見栄えが悪く、また周りの骨が少ないために咬むことに不安がのこります。 結局骨を作ったインプラントと比べると長持ちしないことがあります。
理想的な位置まで回復させるために骨の再生手術を行います。(GBR法)。しっかり咬めて長持ちをさせるためには、しっかりとした骨(土台)を作る必要があるからです。
抜いた歯の大きさによってGBRをするかしないか、するならば何を使って再生させるかを考えていきます。
当クリニックでは基本的に自家骨(患者様ご自身の骨)を使わせていただきますが、 無くなった骨の大きさによっては人工の骨と自家骨を混ぜて使うこともあります。 しっかりとした骨ができた時点でインプラントを埋入していきます。

ソケットリフト

インプラントをする部位によってそれぞれ注意しなければならない場所があります。
上顎の奥歯の上で、鼻の隣、目の下に上顎洞(副鼻洞)という骨の空洞があります。
何らかの事情で歯が無くなってしまい、上顎洞の下のラインが部分的に下がっていて、インプラトを理想的な長さに(3mm以下足りない場合)確保できない場合があります。
このままインプラントを行うと上顎洞内に突き抜けてしまいます。
もちろんこのままでも咬む事はできますが、使っていくうちに上顎洞内に落ちてしまうかもしれません。
安全安心に治療を行うためにソケットリフトを行います。
次に説明するサイナスリフトに比べると傷口は小さく処置時間も短くできます。
その為痛みや腫れも少なくすることができます。

サイナスリフト

上顎の奥歯の上で、鼻の隣、目の下に上顎洞(副鼻洞)という骨の空洞があります。
歯が抜けて時間がたってしまった方や歯周病で骨が無くなってしまった方は、上顎洞までの骨の厚みがありません。
無理やりインプラントを埋入することは出来ますが、支えている骨がないために強い付加がかかってしまったら上顎洞内に落ちてしまう可能性があります。このままでは安全に長くインプラントを使うことができません。
安全安心のためにはまず骨を再生させる必要があります。歯を抜いた直後の様に穴が開いていればそこに骨を足していけますが、平らな面には骨を足すことができません。十分な骨の厚みをとるために上顎洞の中に骨を足していきます。
必要な骨の厚みが3mm以下ならばソケットリフトで対応できますが、3mmより多ければサイナスリフトを行います。 この手術はインプラント手術をしているどの病院でも行っているわけではありません。当法人でも熟練したドクターのみが処置を行っております。